潜在意識

願望は叶いません。その決定的理由とは?第1章


こんにちは。KJです。


みなさんの多くは人生で何回かは願望を叶えようと努力し、失敗した経験があると思います。大多数の人は「願望は叶う」と言うよりは、「願望は叶わない」という事実の方がよりリアルなのではないでしょうか?これほど自己啓発や成功法則の情報が溢れているのに、なぜ同じテーマで本が売れ続けるのでしょうか?おかしいと思いませんか?

「簡単に成功する」とか「夢は叶う」という本や高額セミナーに通っても9割の人は結果が出ないのです。

今回は、なぜ「願望は叶わないのか」というテーマで潜在意識の知識も交えつつ、解説していきたいと思います。

◯願望とは何か

願望とは一体なんでしょうか。一言で言うと現状とは違う【未来の理想の状態】ですよね。願望とは、「いまは違うけど、将来こうなれたらいいな」という願いの事です。それでは、ここで潜在意識の仕組みのお話を一度おさらいしておきます。潜在意識は顕在意識(あなたの考え方や信念)が真実だと認めた事を具現化する働きがあります。つまり、あなたは願望を持つ事によって「今、私は願望を達成していない」と潜在意識に宣言している事になるわけです。なぜなら、欲しいものを持っていないからお願いしているのであって、すでに手に入れているのであれば、願望は持たないからです。


◯公開。叶わない仕組み

願望を持つ事によって、実は無意識のレベルで「現在は願望を達成していない」と潜在意識に宣言している事になるとお話しました。それでは、簡単な例を使ってこの仕組みを解明していきます。今回は有名な【魔法のランプ】を例にしてみます。

あなたは魔法のランプを道端で拾いました。最初、あなたはそのランプをただのランプだと思い家にインテリアとして置いているだけでした。ある日、あなたは街のカーニバルで魔法のランプの紙芝居を目にします。最初は「ふーん」と思って見ていたのですが、途中である事に気づきます。「あれ?あのランプどっかで見た事あるぞ、、まさか、、」あなたは慌てて家に帰ります。そして、魔法のランプを紙芝居で見たのとまったく同じように真似してこすってみました。2回、3回、、そうするとランプから魔神が現れました。あなたはビックリします。「まさかこんな事が起こるなんて」驚いた様子のあなたを他所に、魔神はあなたに話しかけます。「さぁ、どんな願いでも叶えてあげるよ。お願い事を言ってみな」あなたはビックリします。「なんでもいいのか?よし、、じゃあ、俺を世界一のお金持ちにしてくれ!」「ラジャー!」ボン!しかし、あなたは何の変化も感じません。あれ?これ本当にお金持ちになったのか。おい!何にも変わってないぞ!」魔神は笑いながら「いやいや、あなたの願いは叶えたよ。あなたは今、世界一お金持ちになりたいと思っている人になったよ

◯魔神に唯一伝わる願望

このたとえ話では、主人公の男の子は願望を願う人。魔神は潜在意識に例えられます。潜在意識はあなたの願望を忠実に再現します。本当に正直すぎるぐらい忠実にです。この物語の最後では、主人公は世界一のお金持ちになりたいと思ったが故に、お金持ちになりたいという状況を願いとして叶えてしまいました。魔神が叶えた事は単純で、願いを宣言する人の信念を具現化しました。意図ではないんです。願望が叶わない決定的な理由は、上記の物語のように願望を魔神(潜在意識)に間違ってお願い(刻印)している部分にあります。多くの人はランプの魔神にお願いをします。ほとんどの人が今持っていないものを魔神にお願いします。例えば、

「彼氏がほしい」

「お金がほしい」

「仕事がほしい」

しかし、魔神はあなたの信念に反応するので、あなたがいくら欲しいという意図を発しても、あなたが今現在願望を手に入れていないという信念に反応するので、手に入れていない状況を願いとして聞き入れてしまいます。この仕組みを本当の意味で理解すると、もう潜在意識に間違ったお願いをする事はなくなります。とはいえ、ちょっとややこしいですよね。

◯正しい願望の伝え方

潜在意識はあなたが真実だと思っている事を具現化します。つまり、あなたにとって当たり前の事を現実化させます。ですから、欲しいという意識状態だと「ない」という意識状態が当たり前なので、現実化はしません。逆に、「ない」状態を強化してしまいます。ですので、「ない」と「ある」の溝を埋めてあげる必要があります。何の根拠もなく「ある」未来を信じる事ができれば簡単ですが、そんな簡単にできたら悩みなどないですよね。急な飛躍ではなく、安全に未来へ繋げられる方法をお伝えします。それは、「望む未来に対して現在進行系で語ること」例えば、

「彼氏ができつつある」

「お金持ちになりつつある」

など、今と未来に穴があかないようにします。現在も未来も真実であれば、必ず願いは叶います。なぜなら、この文脈にはウソがないですから。

「お金持ちである」

と潜在意識に宣言してしまうと、今現在お金持ちでないという事実を否定する事になるので、潜在意識には願いがうまく伝わりません。逆に自分で自分にウソをついている事がわかっているので、マイナスの感情が湧き、より今の現状を強化してしまいます。

ですから、願望を現在進行形で潜在意識にアファメーションやイメージングなどで刻印すると、望む未来にドンドン近づいていきます。確実に望む未来に前進していけます。そして最後に裏技的なものもお伝えしておきます。それは、望む未来がすでに達成されたかのようにイメージに対して感謝する事。感謝は確信がないと湧いてきません。望む未来を意図的にイメージして、感謝が湧くようになってきたら現実化はもうすぐそこです。とはいえ、この感謝テクニックは上級者用ですので、まずは基本の現在進行系を使うようにしてください。

最後に簡単にまとめますと、

・願望は叶いません。なぜなら、願望というのは不足から出るものであって、潜在意識はその不足の部分を願いとして聞き入れてしまうからです。

・潜在意識に伝わるのは意図ではなく、信念です。あなたがいくらお金持ちになりたいという意図を伝えても、あなた自身がお金持ちであると信じていなかったら現実化はしません。潜在意識はあなたが真実だと認めたものだけを世界に具現化します。

・潜在意識に上手に願望を伝えるテクニックとして「願いを現在進行形で語る」事が大事。現在進行形で語ると、願いが叶っていない「今」と願いが叶った「未来」の二つの時間軸を肯定する事になるので、信念レベルでウソがありません。つまり、今から望む未来へ確実に進んでいるという事を宣言する事になるので、前進できるような状況が徐々に整ってきます。

以上、願望は叶わない決定的理由をテーマにお話しました。このテーマは願望実現の関してとても重要なテーマですので、また第2章として別の機会に扱いたいと思います。それでは。

KJ