潜在意識

潜在意識で顔が変わる?その仕組みと効果を解説


こんにちは。
皆さんは憧れや理想の姿のイメージをお持ちでしょうか?

「もっとカッコよくなりたい」「もっと可愛くなりたい」「痩せたい」

などなど、容姿の悩みがまったくない人はこの世にはいないのではないでしょうか?実は、潜在意識を上手に書き換えると理想のイメージに近い姿に変わっていくんです。「えっ、でもどうせ難しいんでしょ?」と思うかもしれませんが、そんな事はないですよ。僕自身も効果を体験済みです。


今回は「潜在意識で顔が変わる」というワクワクするようなテーマでその効果と仕組みをわかりやすくお話していきたいと思います。


目次

  • 潜在意識とは
  • イメージのタイミング
  • 潜在意識を書き換える
  • プロセスは考えない
  • 変化の体験談
スポンサーリンク

◯潜在意識とは

潜在意識とは普段意識されていない内部意識のこと。普段目覚めている状態は顕在意識と呼ばれ、思考などはすべてこの顕在意識の領域です。逆に無意識(心臓の鼓動や呼吸)などは潜在意識の領域で、ある意味私たちの意志ではなく、勝手に動いている意識です。わたし達はこの潜在意識にイメージや言葉を意図的に刻印する事によって現実を変える事ができます。潜在意識に願いを伝える最も効果的な方法は、画像や写真のように詳細にイメージして伝えること。イメージを何回も繰り返す事で潜在意識に望みを刻印していきます。

◯イメージのタイミング

それでは、どのようにしてイメージを効果的に伝えていくのかをお話します。潜在意識に最も効果的にイメージを伝えやすいのは、顕在意識が鈍っている「起床時」と「就寝時」。このタイミングでイメージを伝える事ができれば、多大な努力は不要です。普段の生活では、顕在意識が活発に動いています。普段の生活で自分の呼吸を意識したり、心臓が動いたりしている事を知覚できますか?普通はできないですよね。顕在意識が活発に動いていると、潜在意識にイメージを伝えようにもかき消されてしまいます。もし、普段の生活でも頻繁にイメージをしたいという場合は、一人で静かになれる場所でゆっくり時間をとってやってください。忙しい時に刻印にトライするすると、逆効果です。


◯潜在意識を書き換える

それでは、具体的にどのように潜在意識に刻印していけばよいのかをお話します。今回は顔。つまり容姿を変えていくわけですが、とくに理想の顔のイメージが湧かなくても構いません。かなり多くの人がイメージが湧かないからダメなんだと嘆き、挫折します。イメージがなくても結果はでますよと僕は思います。というよりも、イメージなしでもちゃんと結果が出たので大丈夫です。ではイメージのコツに入っていきます。簡単です。顔(容姿)が望む状態に変わって友人や家族や恋人に褒められるている状況をイメージします。このやり方を使うと、詳細なイメージは必要ないです。イメージの中で周りの人が自分の事を褒めていて、嬉しい感情や誇らしい感情。これらを感じるだけで良いんです。もし目を二重にしたい場合には、「えっ、なんか二重になってない?」と言われている様子を思い浮かべます。もしダイエットの場合は「なんか痩せた?どんなダイエットしてるの?」など自分がワクワクするようなワンシーンをイメージします。ただ、イメージの中で聞くだけでいいんです。そして、イメージの中で言われた時の嬉しい感情を感じてください。これがうまくいくと、徐々に潜在意識にイメージが伝わっていきます。


〇プロセスは考えない

ここで一つ気をつけてほしいことをお伝えします。イメージをするのは良いのですが、焦って突飛な行動をしないという事。イメージをしている時は気持ち良くなっても、日常に戻ると「こんな事で本当に効果は出るのだろうか?」と思ってしまいます。何度もお伝えするように、結果を出すのは潜在意識であって顕在意識の仕事ではありません。不安は思考から発生するのであり、何かしなければ結果はでないという凝り固まった概念から思考は発生します。この概念を解消して不安をなくす方法もありますが、葛藤解消などのブロック解除にハマらないようにしてください。プロセスは一切配慮せずに、ひたすらイメージの結果にフォーカスしてください。そのイメージの喜びの感情を何回も繰り返し感じてください。刻印を続けているとある日、イメージをしている際にその感情がとてもリアルに感じられるときがきます。「なんだこれは?」と思うぐらいです。そして、それが潜在意識に願望が刻印されたサインです。そうなったらもう実現は確実、ゆったり安心して日常を過ごしてください。実現はまもなくです。


まとめ

僕の潜在意識体験談を一つお伝えしておきます。ぼくは昔から一重で目つきがとても悪いのが気になっていました。よくふつうの顔をしているのに「睨んでるの?」と言われるのが嫌で、目を合わすのも億劫でした。あるとき、「二重になれたらいいな」と思い数カ月ほど毎晩イメージをしてました。もちろん、ぱっちり二重を想像したのではなく、「顔変わった?」みたいな事を友人に言われているのを想像していました。イメージをしてから約1年後、願望を刻印した事はすっかり忘れていたのですが、家族から想像していたこととまったく同じフレーズを耳にしました。そして、たしかになぜか自然と目が二重になっていたんです。それから数年が経っていますが、元に戻る事はなく現在も自然な二重になっています。自分の解釈としては、効果が出た理由は本当に望んだこと。そしてまったく潜在意識の事を疑わなかったこと。この二点が大きかったのではと思います。

どうやって叶うかは私たちの知るところではありません。願う時は疑わずに、すでに得たと思うくらいでちょうどいいと思います。そして、潜在意識を使えばいかようにも望むような好ましい容姿に徐々に変わっていけると思います。思い立ったらぜひ、今日からイメージしてみてくださいね。

 

KJ

スポンサーリンク