潜在意識

潜在意識を使ってニートから脱出する方法

こんにちは。

今回は潜在意識を使ってニートを脱出する方法についてお話していきます。

スポンサーリンク
  • やる気がおきない原因

ニートをしている方にも様々な理由があると思います。働きたくない、働く理由がわからない、自信がない、やりたい事がわからない、、などなどそれぞれが自分の内側を深く見つめた結果、働かない人が多いです。実は僕も一時期ニートを経験した事があり、ニートの気持ちは痛い程わかります。そしてニートと聞くだけで嫌悪感を抱かれる事や軽蔑感も経験しました。ニートを経験した僕から言えば、ニートにはニートの確固たる意見があり、社会で文句を言いながら働いている人達より上という感覚があるという事笑。社会や自分を冷静に見つめる事ができるので、自分の中でやりたい事が決まると一気に動き出すときが来ます。

  • 敵キャラを作る

それでは、具体的にどのようにしてニートから最初の一歩を踏み出していくのかをお話していきましょう。ユニークな方法ではあるのですが、1人、どうしても見返したかったり許せない「ボスキャラ」を自分の中で設定する事。おいおいと思うかもしれませんが、とても重要です。人は社会から離れるととても冷静に世界を見渡せます。浪人生なんかもそうで、社会のレールから外れる事で考える事だったり見えるものがあります。それはとても良い事なのですが、エネルギー的に言うと、瞬発的なパワーは落ちます。静的なエネルギーになるんです。何かを変えたり動き出すときというのは必ず瞬発的なエネルギーを使います。そこには強い感情や意図が大事。そこで「ボスキャラ」を設定する事で、静的なエネルギーを力強い瞬発エネルギーに変えるという意図があります。

  • おすすめの教材

ボスキャラを設定することで、ニートという状況から脱出しようという目標が芽生えます。これは強い意図でなくても結構です。そして、ここで潜在意識の登場です。潜在意識を書き換えて理想の状態へ進んでいきます。とはいえ、最初はどのように情報を得てよいのかわからないですよね。そこで、初心者でもわかりやすく理解できる潜在意識の本をご紹介したいと思います。ジョセフマーフィーというアメリカの潜在意識の権威がおりまして、その方の本がおすすめです。この方の本はとても多くの種類が出ているのでいくつかおすすめを挙げるとすれば「眠りながら成功する」「あなたはこうして成功する」この2冊がおすすめです。他にもたくさん出ているので興味が湧くとは思いますが、知識を集める方向に流れるとニートは脱出できないので数冊に集中して取り組んでください。

  • 確信を極限まで高める

僕の体験でもそうですが、ニートの利点はとにかく時間がある事。朝から夜まで自由に時間が使えます。ですから毎日時間を決めて、本を読むことをおすすめします。毎日です。時間があるという事は逆にものを考える時間も多いという事。基本的に思考というのは目標がないとネガティブに働きがちです。毎日潜在意識に関しての知識をインストールする事で頭の中身を守ります。一ヶ月も本を読み続けると、思考がクリアになって自分が普段無意識に働かせていた思考を変えたいと思うようになります。これは自発的にです。ですので、「自発的に変えよう」とか「動き出そうとか」自然に思わない限りは決して動かないでください。ここでミスるとまたニートへ逆戻りしてしまいます。潜在意識への確信を自分の中で高めてから行動に移りましょう。

  • 潜在意識の使い方

潜在意識への確信が高まったら、次はイメージングとアファメーションを始めていきます。イメージのやり方としては、自分が理想の状態になっているワンシーンを全身で感じること。例えば、仕事を始めて成功しているシーンだったり、休日に映画館でリラックスしているシーンだったり。あなたの中で「こんなのが理想だな」と思えるシーンを思い描いてください。コツは、シーンを決めたらそれだけに絞り何回も繰り返す事。色々なシーンをイメージするのはブーです。エネルギーが分散してなにも現実化しません。アファメーションを使う場合は、理想の状態になり、その時に感じている感情をフレーズに入れるのがコツ。例えば「毎日仕事が充実していて幸せです」とか「自分の好きな事ができて毎日が楽しくてしょうがないです」など、理想を達成した時に感じるであろう感情を入れてください。こうする事で現実化のスピードが圧倒的に早まります

  • 仕事をする

アルバイトでもなんでも構いません。あなたが潜在意識で思い描いた理想に繋がるような仕事を選び、始めてください。「仕事ができれば苦労はないよ」と思われるかもしれませんが、潜在意識で確信を高めていればそのような思考は一切湧かないです。もはや思考が変わっているのです。「どうしようかなー」という思考が変わっている自分に出会えます。逆に、仕事を選ぶ段階でまだ悩んでいるとしたら、潜在意識へのアプローチを続けてください。それは休養が必要であり、エネルギーを充電する必要があるというサインです

  • 一つの自信が前へ進む活力になる

潜在意識を使い、仕事を始めると面白い事が起こります。なぜか「以前想像していたよりも簡単だなぁ」とすべての分野で思うからです。たしかに最初は慣れない事でストレスも溜まるかもしれません。辞めたいと思うかもしれません。しかし、ルーティンになっている潜在意識へのアプローチを怠らなければ、モチベーションが下がることはありません。未来への確信が湧いてくるからです。そして、仕事をしている。続けられているという小さな自信がつぎのステージへとあなたを運んでいってくれます。

  • ニートという経験

ニートという経験は社会のレールにハマっている人達には経験する事ができない貴重なものです。僕自身、ニートの時代が今となっては宝物としか思えないです。たっぷりと色々な事を考え自由に生きる事ができるとても有意義なものでした。弱者の気持ちも理解できましたし、社会の事も深く理解できました。またこの時期に潜在意識というシステムを理解した事で人生を大きく変えることができました。僕のように皆さんも、自分の力で再起ができるように願ってやみません。元ニートより。


KJ

スポンサーリンク