潜在意識

第2章。潜在意識を書き換えて運命の人と恋愛成就できますか?


こんにちは。今回も「潜在意識を書き換えて運命の人と恋愛成就できますか?」というテーマでお話していきたいと思います。


目次

  • 前回のまとめ
  • 運命の人と出会う前にほぼ会う偽物とは?
  • 理想の相手を確定する強化版
  • 運命の人判別サイン
  • まとめ
スポンサーリンク


前回のまとめ

前回では、潜在意識を書き換えるにはまず過去の経験からあなたが望む理想の異性のイメージを確定する事が大事だとお話しました。なぜなら潜在意識は書き換えがされなければ過去のイメージをそのまま作り続けるので、もしあなたが望まないイメージを異性に対して持っているならば、潜在意識を書き換えない限り、未来は変わらないからです。

そして、理想の異性のイメージが決まったらアファメーションが効果的であるとお伝えしました。アファメーションをする時は理想の異性と一緒にいるワンシーンを自分で設定して、そのとき感じるであろう感情を感じる事がコツです。感情を感じる事で、はじめて想像がリアルな世界になっていきます。逆にイメージに感情がのらないとただの空想で終わってしまいます。

運命の人と出会う前にほぼ会う偽物とは?

それではここから話を進めていきます。実は潜在意識を書き換える事を続けていると早い例で一ヶ月くらいで異性との出会いがある場合があります。そして、その人に「ビビっ」とくる場合があります。つまり

「運命の人ではないか?」

と思うんですね。なぜなら


潜在意識を書き換える事を実践している

過去会ってきた異性のタイプと違うから

なんとなく


色々ありますが、ほぼ上記のような理由で胸が高まる事が多いです。もちろん、幸運な人はその人が運命の人かもしれません。しかし、僕の経験上、特に失恋が多かったり恋愛にネガティブな感情を抱きやすい人の場合は、その人は残念ながら運命の人ではありません

なぜそんなことが起こるんでしょう?

期待に胸を膨らませ潜在意識の刻印を実践してきたにも関わらず偽物が現れるなんて、、そう思ってしまう人はとても多いと思います。そして、こういった願望実現のようなお話ではこの偽物の存在に関してはほとんど触れられていません。夢物語で終わっています。この偽物が現れる原因は、潜在意識への書き換えが完璧ではなかったからです。

理想の相手を確定する強化版

潜在意識への書き換えが完璧ではないというのはどう言うことかというと、潜在意識に望む状態のイメージと望まない状態のイメージが混在してしまっているという事です。本来だったら、明るくて優しい人が好きなのに、潜在意識に「明るい」というのまでは伝わっていても「優しい」というのが伝わっていない可能性があります。伝わらない場合は、過去の恋愛パターンを潜在意識はオーダーとして受け入れます。もしくは完璧に伝わっていたとしても、体験してみると違うと感じることがあります。

「あれ?わたし優しい人がいいと思ってたけど、そんなに良くないかも」

とか思うのです。つまり、出会う前に本当に望むイメージを描かないと本当に理想の人には出会えないという事です。理想の人はきっと現れるという人がいますが、僕ははっきり言います。潜在意識を書き換えて自分が望まない限り現れないです

理想の相手を確定するには前回お伝えしたアファメーションを使うのですが、それに加えて朝起きた時と寝る前に感謝法を使います。この方法は以前僕はバカにしていたのですが、理論抜きにものすごい効果があるので騙されたと思って使ってみてください。

感謝法をお伝えします。朝起きた時と寝る前に、すでに理想の異性とお付き合いができている事に感謝します。もちろんまだ現実化してないですよ。現実化する前に先に感謝するんです。そして、感謝というのはある程度信じる事ができないと湧いてきません。ですから、アファメーションで理想の相手のイメージをして、その人と出会えるんだという確信が高まってこないと使えません。ですから、順番としては、

1、アファメーションで理想の相手のイメージを習慣化
2、習慣化できたら、朝、夜の起床時と就寝時に感謝法を使う

この方法を使う時も

「ありがとうございます」

といいながらアファメーションのイメージを使うといいです。感謝法は強力なので3分もやれば充分です。


運命の人判別サイン

では、潜在意識を書き換えて運命の人だと判別するにはどうすれば良いかポイントをお伝えしておきます。

  • ドキッとするか
  • 理想の容姿か
  • 話は合うか
  • 一緒にいて楽しいか
  • 過ぎる時間の早さ
  • 未来を自然に想像できるか

これらの要素がクリアできていたらほぼ間違いなく潜在意識の書き換えが完了して、理想の相手が現れている可能性大です。
「会った時に、時間が止まる」っていう表現がわかりやすいかもしれません。理想の相手だと時間感覚が普通の状態と明らかに違います。もちろん、理想の相手じゃなくても会ってから3ヶ月くらいは誰でもホルモンの関係で相手を理想化しますから、上記と同じような現象がおきます。しかし、理想の相手の場合はほぼ永続します。つまりずっと幸せなんですね。感じる感情が偽物ではないという事です。

もし、潜在意識の書き換えを実践して理想の相手だと思われる人が現れたらまずは関係を進めてみてください。その中で残念ながら違うと思われるケースもありますが、それさえもプラスになります。そして、運命の人に会えたらあなたは「この人だ」と確信を覚えます。なぜなら、その人はあなたが思い描き、この世に出現させたあなただけの理想の人だからです。

まとめ

最後にまとめておきます。潜在意識を書き換えるのに大事な事は明確なイメージを持つこと。イメージを伝えるには感情を伴わせる事が必須。同じ事を繰り返す事で潜在意識は書き換わっていく。書き換えるツールとしてオススメなのはアファメーションと感謝法。ただ、感謝法はイメージの確信が高まらないと湧いてこないので、しっかりとイメージを確立してから使うこと。イメージを1ヶ月から3ヶ月ぐらい実践すると、異性との出会いがある場合が多いが、必ずしも出会った相手が理想の相手とは限らない。出会った人に好印象を持ったなら関係を進めイメージと照らし合わせていく事をオススメする。何度か出会い別れはあるかもしれないが、イメージの実践をやめない限り必ず理想の相手に会える。会えた時のサインとしてはあなたの中で「この人だ」と静かに確信できるかどうか


以上、「潜在意識を書き換えて運命の人と恋愛成就できますか?」の解説でした。長編でしたが、実践すると必ず効果があります。ぜひ良い恋愛をしたいという方はトライしてみてください。

スポンサーリンク


KJ