潜在意識

潜在意識の使い方のコツを伝授。失敗から学び最速で願望を叶えよう

Kenjiです。

「潜在意識に願望を刻印しているのにまったく叶わない」

という声が多数届きます。なぜ、こんなに失敗してしまう人が多いのでしょうか?
潜在意識のしくみはシンプルすぎるゆえ、本当に理解していないと難しいかもしれません。

今回の記事が参考になる人は

潜在意識を知っていて活用しているけどうまくいかないという人

それでは、潜在意識の使い方のコツをできるだけわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

【目次】

  • 潜在意識の使い方はこれを押さえればオッケーです
  • 願望が叶わない人の失敗例1「継続できない」
  • 願望が叶わない人の失敗例2「疑っている」
  • 願望が叶わない人の失敗例3「メソッドを詰め込みすぎ」
  • 最もシンプルな願望の刻印方法(おまけ付き)

潜在意識の使い方はこれを押さえればオッケーです

ではまず最初に潜在意識の使い方の基本をおさらいしましょう。

潜在意識は繰り返しの思考に反応する
潜在意識は感情の伴った思考に反応する
潜在意識は眠る直前の思考に反応しやすい

以上の三点が基本のポイントです。ですから、この三点を押さえていれば潜在意識の使い方としては問題ありません。もし、このポイントを知らなかった、理解していなかったという人はチェックしてくださいね。
それでは上記の基本をもうすこし詳しくみていきましょう。潜在意識は抽象的な表現が多いですから、しっかりと頭で理解する事が大事です。
まず、潜在意識は繰り返しの思考に反応するという部分
潜在意識はあなたが常に考えている事に最も反応します

あなたはいつも何を考えていますか?

仕事の事、恋愛の事、お金の事、なにはともあれ、最も思考が集中する事に潜在意識は反応します。ですから、願望刻印の時に望む思考を繰り返すだけでなく、普段自分がどのような思考をしているのかもチェックするようにしてください。おそらく、望まないことをたくさん考えている自分に気づくと思います

そして潜在意識は感情を伴った思考に反応するという部分。もし、願望刻印を実践していても感情が伴わなければ、あまり刻印としては効果がありません。逆に、嫌な思考を感情をつけて考えていると、それが実現してしまいます。

最後に潜在意識は眠る直前の思考に反応しやすいという部分。潜在意識は眠る直前に最も現れてきます。普段は顕在意識という意識がメインでこの意識は思考を司っています。逆に潜在意識はイメージを司る意識。ですから、眠る直前の思考はとても大事。

みなさんは眠る時、何を思いながら夢へと入っていますか?

それではここから、潜在意識に願望を刻印しているのに叶わないという人のよくある失敗例を取り上げていきます。記事を読みながら、自分にも当てはまっているものがないかチェックしてみてくださいね。

願望が叶わない人の失敗例1「継続できない」

これが最も多い失敗例だと思います。潜在意識の知識を知ると、ほとんどの人は活用しようと取り組みます。しかし、まず3日ともたないです。そして一ヶ月となるともう8割は脱落しているのではないでしょうか?つまり残りの2割の人ぐらいしか続かないのでほとんどの人が潜在意識への刻印は失敗に終わります。潜在意識は繰り返しの思考によって願いが伝わります。数回望む思考を言ったところで叶うわけはありません。なぜなら、潜在意識にはあなたの過去の思考がストックされているから。ですからまずはその望まないストック思考を解消しなければなりません。ほとんどの人はこのストック思考の解消の部分で諦めます。

「全然願い叶わないじゃん!潜在意識とか嘘でしょ」

と言って去っていき、また普通の生活に戻ります

願望が叶わない人の失敗例2「疑っている」

潜在意識は目に見えるものではありません。しかし、確実に存在します。多くの人は潜在意識を知り、刻印の実践をしますが途中で潜在意識を疑いはじめます。

「本当に叶うのだろうか?」
「全部嘘なんじゃないだろうか?」

すぐに結果がでなければこのように疑ってしまう気持ちもわかります。しかし、潜在意識の基本として、潜在意識は感情を伴った思考に反応するという項目がありました。つまり、「叶うのだろうか?」と思考し負の感情が伴えばそれが実現するという事です。皮肉にも、願いではなく疑念が実現するという現象が起こってしまうのです。

願望が叶わない人の失敗例3「メソッドを詰め込みすぎ」

潜在意識関連の本や情報は最近とても増えています。10年前はそれほどでもなかったのですが、最近は主婦や会社員などの科学者ではなく一般の人の成功例を基にしたメソッドもたくさん出ています。
情報が多いのは良いことですが、その分どれを選べばよいか混乱してしまうこともあると思います。
勉強熱心な人によくある例として、メソッド詰め込み過ぎ現象があります。願望を実現させたいがためにあらゆる情報を探し、メソッドというメソッドを片っ端から実践します。かくいう僕も昔はそうだったから言えるのですが、メソッドをごちゃ混ぜにするのはやめましょう。
刻印の効果が薄れます
僕のおすすめは気に入ったメソッドを2つぐらい組み合わせる方法。3つ4つとなると多すぎです。大事な事は潜在意識に願望を刻印する事であって、最強のメソッドを探す事ではないということを頭に入れておいてください。

最もシンプルな願望の刻印方法

これまで様々な失敗例をお伝えしてきましたが、当てはまるものはあったでしょうか?うまくいかないという人はおそらくどれかに当てはまっていると思います。
大丈夫です。失敗をする事でどんどん上達していきますから、修正して刻印を続けていくのみですよ。
それでは最後に僕の経験から導き出した最もシンプルな願望刻印方法をお伝えします。

ポイントは起床後、就寝時。この時間帯に願望刻印のすべてを込めます

なぜかというと、この時間帯は顕在意識が弱まり、潜在意識が優勢になるからです。ウトウトというボーッとした感じが潜在意識優勢のサインです。

この時間帯に願望を刻印すれば、努力を極力カットできます。願望刻印を楽しくやるために、努力は極力カットすべきです。流れ作業になってしまうと効果は薄れます。感情が伴わないですからね。
起床後は起きてすぐにアファメーションです

イメージなどの手法もありますが、おすすめしません。なぜなら寝てしまう可能性があるからです。うとうとした状態のギリギリで刻印するためには、アファメーションが効果的です。アファメーションをしようとする意識で眠りに対抗できるからです。
そして極力簡潔な言葉でアファメーションをします。

私はお金持ちになりつつある
私は幸せになりつつある
すべてがうまくいく

ワンフレーズにすると変な疑念も湧いてこないのでおすすめです
この作業を毎日5分ぐらいすればオッケーです。5分もすると意識がハッキリしてきます。そして良い気分で起きる事ができます。

次は就寝時です。
こちらもアファメーションをと言いたいところですが、疲れていると一瞬で寝落ちしてしまいます。それはもったいないですからここで音楽を使います
僕のおすすめはクラシックやリラクゼーションミュージック。これを聴きながら幸せに包まれながら眠りに入ります。
ずっと音楽が鳴っているのもよくないですからユーチューブなどで1時間以内に自動でストップするようなものを聴けば良いでしょう。
以下、まとめると

1、朝はアファメーションで望むフレーズを呟き
2、夜は好きな音楽で幸せな気持ちになりながら眠る

この作業を毎日続けていけば潜在意識は確実に書き換わっていきます
最後におまけで1番やってはいけない行動をお伝えして終わりにします。

朝起きて一日の嫌なイメージをして起き、夜寝る前に一日の嫌な事を思い出しながら眠りにつく事です。

これ、実は多くの人が知らず知らずやっていることなんです。

日中にいくらアファメーションや願望刻印をしても、朝と夜の大事な時間に上記のような行動をしていれば願望は絶対に叶いません。

絶対にです
ですから、朝と夜。眠りを有効活用しましょう。
良い気分で起き、良い気分で寝れば人生は上がっていきます

今回はここまで。
お読み頂き、ありがとうございました。

Kenji

スポンサーリンク